サイトマップ
住まい・まちづくり分野のNPO・市民活動を助成・支援−ハウジングアンドコミュニティ財団
新着情報助成事業調査研究事業ネットワーク事業報告書オピニオン&レポートリンク集財団のあらまし
 
HOME > 助成事業 > 「座談会&助成事業の説明」のご案内
 
 
「座談会&助成事業の説明−地域のシンボルを活かしたまちづくり」のご案内
 
 
 


住まいとコミュニティづくり
活動助成
プログラムの概要
年度ごとの助成対象団体
NPO交流会
 

住まい・まちづくり
担い手事業
プログラムの概要
支援対象団体
 

これまでに実施した
プログラム

 

2015年度の助成事業の公募に当たり、北海道滝川市で、蔵や廃校を活用した活動を展開している五十嵐威暢氏をお迎えして、これまでの実践活動についてお話しいただくとともに、助成事業の選考委員長である鈴木輝隆氏を交えて地域のシンボルを活用したまちづくりについて語っていただきます。
また、「住まいとコミュニティづくり活動助成」事業の内容と、来年度行う特別の助成事業について説明します。
施設を活用したまちづくり活動に興味のある方、当財団の助成事業に応募を考えている方をはじめ多くの皆様のご参加をお持ちしております。



概要

・日時:平成26年(2014年)11月21日(金) 18:00〜19:40(開場17:30)

・場所:ソラシティカンファレンスセンター Room C

東京都千代田区カンダ駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ

http://solacity.jp/cc/
・主催:一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
・内容:
1.2015年度「住まいとコミュニティづくり活動助成」事業の説明
2.地域のシンボルを活かしたまちづくり−北海道滝川市の太郎吉蔵を例に
(1)NPO法人アートチャレンジ滝川と太郎吉蔵について
五十嵐威暢氏(彫刻家・デザイナー)
(2)座談会「地域のシンボルを活かしたまちづくり」
五十嵐威暢氏
鈴木輝隆氏(江戸川大学教授、住まいとコミュニティづくり活動助成選考委員長)
・定員:80名
・参加費:無料
※詳細はフライヤーをご覧ください

フライヤー
「座談会&助成事業の説明」フライヤー 「座談会&助成事業の説明」フライヤー
ダウンロード(PDFファイル:1.85MB)
デザイン:桐山 聡(日本デザインセンター)

申込み方法
11月13日(木)までに、以下のいずれかの方法でお申込みください。
(1)メール:
@お名前、Aご所属、Bご連絡先(メールアドレスもしくは電話番号)をお知らせください。
送付先アドレス info★smnpo.gr.jp
※「★」を「@」(半角)に置き換えて下さい。
(2)ファクシミリ:
フライヤーの参加申込書をファクシミリでお送りください。
 


 
財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団 このページのトップへ